地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、広島市佐伯区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

広島市佐伯区の地域情報サイト「まいぷれ」広島市佐伯区

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

ワインディングマシーンについて

 株式会社テクニカルセンターのニュース

「ワインディングマシーンについて」
ワインディングマシーンは、自動巻時計を電気モーターで回転させてゼンマイを巻き上げ、時計を動作させるための機械です。

自動巻時計は、毎日身につけていれば時計内部のローターが回転する事で、手でゼンマイを巻き上げなくても動き続けます。
しかし、使用の頻度が少ない場合は置いておくと止まってしまいます。一度時計が止まると使用する度にリューズで時刻やカレンダーを修正しなくてはなりません。
そこで、ワインディングマシーンにかけていれば、常に時計が動いている状態なので使用する時の手間が省けます。また、機械式時計は動かしている方が壊れにくいという情報もあります。
しかし、これは間違いです。
機械式時計は日差数秒から数十秒の誤差があるので時間は狂いますし、カレンダーも月によってズレるのでリューズでの修正は必要になります。
また、時計の油は4〜5年で劣化します。油が劣化した時計を動かし続けると、部品に負荷がかかりローターの軸や歯車の真が摩耗してしまいます。常にワインディングマシーンにかけていると、通常よりも早く油切れを起こし、さらに部品を傷める原因にもなります。
実際に不具合が生じるまでワインディングマシーンを使用していた時計は、部品の摩耗や劣化がひどく交換が必要な場合がほとんどです。
交換部品があれば修理可能ですが、無い場合は修理不可になるため、部品の入手が困難な時計やアンティーク時計は特にご注意下さい。
機械式時計は必要以上に動かさない方が傷みは軽減されます。
個人的には、ワインディングマシーンはデメリットの方が多いと思いますが、毎日使用する際には定期的(3〜5年)にオーバーホールする事をお勧め致します。



大切な時計を修理したい、
メンテナンスに出したい、
修理を受け付けてもらえない・修理をしたが調子が悪い…等で
お困りの方、お気軽にご相談ください。

お見積もりは無料です。
お問合せ先は、082-928-1618までお願いします。

名称 株式会社テクニカルセンター
フリガナ カブシキガイシャテクニカルセンター
住所 731-5116  広島市佐伯区 八幡4-4-38-1
アクセス JR五日市駅南口より湯来方面行他に乗り、寺地バス停下車すぐ
電話番号 082-928-1618
ファックス番号 082-928-7853
メールアドレス info@tech-c.jp
営業時間 9:00~18:00 平日
9:00~12:00 土曜
定休日 日曜、祝日
駐車場 3台
関連ページ ホームページ
ご質問・お見積
料金体系
修理・リフォーム[時計修理・オーバーホール]

株式会社テクニカルセンター

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ